コンテンツへスキップ

オールインワンのクリームが楽すぎてはまってしまった!

自分のケアを振り返り、洗顔方法や化粧品を見返してみませんか?何事もやり過ぎは禁物です。肌に本来備わっているバリア機能や免疫力を損なわないようなケアを行いたいですね。そして、体調は肌コンディションにも関与しているので、表面だけを見るのではなく、内側からも磨きをかけるようにしましょう。

日々の日課となっているスキンケアですが、自分に合ったケアでなければ、肌に負担がかかってしまうことをご存知ですか?人の肌は、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など様々です。また、生活スタイルやストレス、年齢によっても肌のコンディションは変わってきます。そういった肌の変化をいち早く察知し、状態に適したケアを行うことが、綺麗な肌を保つ上で大事なポイントなのです。残念なことに今、多くの女性においてターンオーバーが早い事が指摘されています。ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。ターンオーバーが早いと、次々新しい細胞が生まれ、十分に成長しないまま各層で働く事になります。保湿力もなく、刺激にも弱い未熟な細胞が肌を守るのは至難の業です。また、未熟な細胞は肌から剥がれにくいという性質を持ち、ゴワゴワした角質が肌表面に溜まってしまいます。その結果、肌の乾燥やガサつきが生じるのです。26歳はお肌の曲がり角でもあるので、この時期に肌の変化を感じる方も多いかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、年々増えていく年齢肌の序章にしか過ぎないのです。年齢肌の悩みで多くを占めるのは「乾燥」です。この時期から正しい乾燥対策を行うことで、年齢肌を遅らせることができるでしょう。肌が潤っていないと感じ始めたら、保湿ケアを見直してみましょう。30代のお肌。仕事も育児も忙しく、負担の大きい30代。肌の老化を確実に感じ始めます。新陳代謝やコラーゲンが減少し始めるので、肌の回復力が弱まります。20代は必要最低限のケアでも肌状態を維持できるのですが、30代では、高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。

美容液やパックを用いた気になる部位をケアする事も始めましょう。スキンケアとは、健やかで美しい肌を持続するための行うケアの事を言います。洗顔などで肌の汚れを取り除き、化粧水などで保湿を行うのが一般的に行われている方法ですね。一言にスキンケアと言っても、人それぞれ最適なケア方法は異なります。年齢によって肌がどう変化し、スキンケア方法についてまとめてみました。40代に突入すると、ホルモンバランスが崩れ、肌がたるみ、シワが増え、ほうれい線が目立ち…気になる所も益々増えます。潤いを持続する力も減るので、美容液に加えて、クリームなどを使い、保湿を強化することがポイントです。さらには、若い頃に比べて紫外線の影響を受けやすくなるので、シミやくすみが気になる方は、紫外線対策にも注力しましょう。化粧品だけでは追いつかないと感じたら、体の内側からのケアも必要です。保湿する際の根本は、水分を補うこと、そして逃さないこと。水分を補うのが化粧水、乳液やクリームで蓋をするのです。どちらかに偏ったケアやバランスの悪いケアは、逆に乾燥を悪化させてしまうことがあるので、注意しましょう。また、生活習慣が肌にも現れるようになります。

乱れた生活を見直すにも改善したい時期ですね。年齢と共に、肌は乾燥し、肌のきめが乱れ、シミ・くすみ・シワが増える肌…。若い頃と同じお手入れを続けていても、追いつかない事に気付かされます。加齢と共にお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず初めに、どの年代でも1番の基本となるのが「洗顔」です。肌表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着し、放置するとニキビや肌荒れの原因となってしまいます。肌の汚れを綺麗に落とすことが、健康なターンオーバーに欠かせません。ここで、ターンオーバーの仕組みについて簡単に説明しておきます。肌の細胞は表皮の底である基底層で生まれて、徐々に上層へと上って行きます。最終的に角質となり、剥がれ落ちるまでのその流れをターンオーバーと呼びます。正常なターンオーバーのサイクルは20代では28日と言われています。ターンオーバーが早くなったり、遅くなったりすると、肌には良くありません。

おこでオールインワンゲルのグラスキンが役立つんですね。

最初は効果ないと思っていたけど結構効果が出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です